はまぐりの変化

ここ最近、調子が良く、ステロイドなしの状態が3ヶ月ほど続いています。

そんなはまぐり、体重も増えて、現在23kg強。

体重と共に、なんとなーくより家庭犬に近づいて来ています。

もともと人懐っこいのですが、さらに甘えん坊になって来たというか。

ただどうも最近他の犬を見ると吠えるようになって来たような。

スルーできる犬より、吠える犬が増えた感じです。

 

譲渡会ではいつも人気のはまぐり。

人気はあるけど、センターから引き出して1年半。

はまぐりだけを可愛がってくれるご家族募集しております。

 

 

 

 

はまぐり comments(1) - チャキママ

はまぐりの事

今年5月末がくると、センターから引き出して1年経過することになる。
人が大好きで、甘ったれなE.セッター。
みんなにいい子だね〜と言われるも、未だ滞在中。
はまぐりの病気のことを書きたいと思います。
はまぐりの病気は形質細胞性胃腸炎。
血液検査の結果アルブミン値が低いこと、そしてなかなか太らないので内視鏡検査と病理検査を実施したところ、この病気が判明。
フードもロイヤルカナンの消化器サポート低脂肪という療法食でないといけません。
このフードもネットで一番安いところで、8kg8600円くらいでした。
症状はどんな感じになるかというと、アルブミン値が低いから食べてもご飯を吸収できず、軟便になって痩せてきます。
はまぐりも当初は肋骨が見えていました。
ということで、アルブミン値が正常値で安定するためにステロイドを服用します。

IMG_2351.JPG

今年に入って盗み食いなどがあったりして、現在は1日おきに1錠、このステロイドを飲んでいます。
病院によって薬の値段は違うと思いますが、1錠100円〜120円くらいだと思います。
あとはアルブミン値をチェックするため定期的な血液検査が必要です。
安定してくると1ヶ月に1回くらいでしょうか。

ただステロイドを飲むと、お水をたくさん飲むことになって、おしっこの回数が増えます。
お留守番の長いご家庭だとおしっこが我慢できないので、難しいかもしれません。
我が家ではお留守番の時にされてもいいように、このようにしています。
はまぐりはシートなどはビリビリに破いてしますので、シートは敷いてません。

・はまぐりのケージ(グレートクレート5000というもの)
IMG_2354.JPG

はまぐりは後ろの面におしっこをするので、スーパーワイドサイズのシートをクリップで留めて、その上に結束バンドで取り付けたサークルの一面でカバーして破かないようにしてあります。
下の部分はわざと折って、下に垂れた水分を吸収するようにしてあります。
IMG_2352.JPG

取り替えるときは、クレイトの上の部分にS字フックをつけて交換。
IMG_2353.JPG

意外と便利です。
ここにたどり着くまではいろいろとやってみました。


はまぐりは普段は本当に甘ったれで、人が大好きです。
家にいるとこんな感じ。

IMG_2349.JPG

IMG_2350.JPG

散歩では鳥を見ると止まってしまって、まったく動こうとしないはまぐりです。
こっちに向かってきたり、白っぽい毛の長い小型犬には吠えついたりするときもあります。

E.セッターは猟犬というイメージがありますが、実際は人にべったりのいい子が多いです。
はまぐりに会った方々はセッターのイメージが変わったと思う方もいます。

はまぐりのような猟犬を主にレスキューしている保護団体さんもいます。
セッターが気になった方、この保護団体さんの譲渡会などにも行ってみてください。
可愛い子ばっかりですよ。

その団体さんのHPはこちら → CACI

その団体さんのFacebookはこちら → CACI Facebook

はまぐりも絶賛里親募集中でございます。
合わせて、よろしくお願いいたします。
 
はまぐり comments(0) - チャキママ

甘え上手になってきた

人が大好きで、最近では甘え上手に。
ちょっとぼけた顔だけど、いい奴です。
胃腸炎の調子もよく、現在は投薬せずに済んでいます。

はまぐり、里親募集中です。

IMG_2106.JPG

 
はまぐり comments(0) - チャキママ

経過良好

今日はあいにくの雨。
ちょっとは涼しく感じます。
今日は2週間経過したので、はまぐりの検査。
結果は◎

薬は一旦終了し、2週間後に検査。
これで大丈夫であれば、検査の間隔も1ヶ月になりそう。

はまぐりは毎日鳩さん探しに忙しいです。



はまぐり comments(0) - チャキママ

元気いっぱい。

形質細胞性胃腸炎と診断されたはまぐり。
過去がわからない分、まずは薬を飲んで様子を見ることに。
そしてアルブミンも正常値になり、薬が少し減り、また様子を見ることに。
先日、その検査だったのですが、薬を減らしてもアルブミンは下がることなく、逆にまた少し上がりました。
そして、アルブミンがあがるとはまぐりも本当に元気に。
毎日走り回っています。
そして、当初の薬の量から半分以下になりました。
この調子だと、薬を飲まなくて療法食だけで過ごせるようになるようです。

相変わらず鳩が大好きなはまぐり。
毎日、前日鳩を見た場所まで猛ダッシュ。

じーっと見ているだけなんですけどね。







はまぐりさん、里親募集中です。
 
はまぐり comments(0) - チャキママ

やっぱり鳥が好き

アルブミンの値も正常値に戻ったはまぐり。
もう少し今の量の投薬は必要で、これで落ち着いたら徐々に減らしていく予定。

お散歩中、鳥を見つけると動かないの。
やっぱりそこはセッターですね。

IMG_1781.JPG

IMG_1782.JPG

IMG_1783.JPG

鳩さんに釘付けです。
 
はまぐり comments(0) - チャキママ

セルフ抜糸

なかなかアルブミンの数値が上がらないはまぐり君。
内視鏡検査をすることになり、どうせ麻酔をかけるのでその時に去勢手術も行いました。
退院して三日目、だんだん痒くなってきたのとカラーが若干小さかったため自分で抜糸しちゃいました。
一部だけですが、再度縫合することに。

そして内視鏡検査の結果、形質細胞性胃腸炎ということで、薬を服用することになります。
本犬はいたって元気で、低アルブミンとは思えないくらい元気です。
ただ栄養吸収がされていないので、体格の割には痩せている感じです。
こんな状態のはまぐりですが、抜糸後里親募集を開始したいと思います。



はまぐり comments(0) - チャキママ
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM